過去日記

社長の部下たち(白スーツ)

社長の部下たち。

白スーツAは「かず」という。

白スーツBは「たけ」という。

彼らは自宅が近所同士の幼馴染であり、小中と同じ学び舎に通い、切磋琢磨し、ヤンキー道を邁進してきた生粋のDQNである。

なんで南社長の元で働くことになったの?

「俺らプラプラしてたんすよねー」

そうね、してただろうねー。

「したら、中学んときの先輩が仕事手伝えって言ってきて」

「吉田先輩、ちょーこえーの」

「マジ、断れる雰囲気じゃないわけ」

「断ったらボコられると思ってさー」

「で、しぶしぶ2人で行ったら、おれおれ詐欺の電話かけるだけの簡単なお仕事でさ」

「そんな簡単に引っかからんよね~ジジババも。あはははは」

「んで、吉田先輩に殴られてね、お前らのやり方が悪いって」

「悪いも何もそんなんやり方しらんもん、俺ら」

「で、やべーなどうしようって言ってたら」

「かずの親父に聞かれて俺らまたボコられて」

「「あははははは」」

で、どうなったの…。

「俺ら警察に引っ張っていかれたよー」

「自首ってやつよねー」

「未成年だったし、被害者もいなかったし、逮捕にはならんかったけど」

「あ、吉田先輩はパクられたよー?」

「しばらく帰ってこないから安心ー」

「そんで、かずの親父が南社長に話しつけてくれて俺ら2人売られたわけ」

そんな理由で…。

-過去日記